支払方法の比較

光脱毛によるむだ毛処理の料金に関しては、現金一括払いしかないと思っている人もいるでしょう。先に全額支払うのが当たり前で、一度にまとめて出て行くお金が多いと思い込んでいるため、料金相場が気になる人が多いと思われるのですが、現金一括払い以外にも支払方法を用意しているサロンは少なくありません。

現金一括払いとは別の支払方法としては、分割払いをあげることができます。ローンの審査にとおる必要があり、金利も発生しますが、例えば、数万円を一度に払うのではなく、月々数千円での返済をしていくというのは、利用しやすいと感じるものです。

分割払いは金利が発生することにより、完済時の支払金額の総額が、元々のサロンの施術の金額より高くなってしまうというデメリットがありますが、特に全身脱毛に関しては、今は月額定額制を採用しているサロンも多くなっています。10,000円を切るような月額費用に設定されているところも少なくありません。

そのほか、都度払いを採用しているサロンも多数存在します。6回であれば6回分の費用をまとめて先払いするのではなく、1回1回の料金を設定し、利用者は行くたびに1回分の料金を支払うという仕組みになっています。全回数分をまとめて払うということがない分、1回あたりの費用負担は軽くなります。

全身脱毛との比較

サロンでの光脱毛には、わきの下、脚、腕、ヒップ、背中、顔、VIOラインといった具合に、特定の狭い範囲のパーツのみ処理する部分脱毛・部位脱毛と、これら全てを含めた体中の処理を行なう全身脱毛とがあります。処理するパーツが多い分、全身脱毛のほうが高額な料金に設定されていますが、部分脱毛のほうがお金がかかることもあります。なお、全身脱毛の料金相場は6回の施術で20~30万円ほどです。

なぜ、部分脱毛のほうが高くなってしまうのかといいますと、例えば、最初はわきの下の処理をしに行ったとしましょう。結果に満足すると同時に、今度は別の部位の処理もしたくなるという人が少なくありません。特定のパーツを単品でという形は、複数パーツをセットで処理する場合より割高であり、特定のパーツのみの部分脱毛で別の部位を、また別の部位をと繰り返していくうちに、最終的には全身の処理をすることになる人も少なくありません。費用負担的には、はじめから全身脱毛をチョイスしていたほうが安上がりになります。

また、全身脱毛は一度に広範囲を処理するため、部分脱毛を繰り返すことによる最終的な全身脱毛と比較して、短期間で脱毛が完了します。むだ毛が気になっている部位が多い人は、全身脱毛を最初から選ぶほうがトータルの費用負担は軽くなるということを覚えておきましょう。